光目覚まし時計ランキング

  1. inti SQUARE(インティ スクエア)



    価格 5.0
    使用感 4.0
    効果 5.0
    価格:25,800円(税込)
    照度:3,500ルクス(光源から30cm)

    inti SQUAREは低価格ながら3,500ルクスと光目覚まし時計としては十分な照度を持っています。また、3ヶ月使用後に満足できなかったら全額返金保証があるのもGOOD。他の高価格な光目覚まし時計は高照度のために購入した後も頻繁にランプ交換も必要になりますが、inti SQUAREはLED証明なのでランプ交換も不要です。

    管理人のレビュー

    プラスチックで小ぶりな筐体なので、一見安っぽく見えます。でもライトを付けると眩しい光がしっかり出で1万後半のなんちゃって光目覚まし時計では到底及ばない明るさになります。

    商品詳細を見る

  2. ブライトライトME+(Brightlight ME+)

    価格 2.0
    使用感 5.0
    効果 5.0
    価格:39,800円(税込)
    照度:10,000ルクス(光源から30cm地点)

    ブライトライトMEは高照度光療法でも利用されるプロ仕様の機器です。光目覚まし時計としてのスペックは右に出るものがいない一品ではありますが、比較的高い頻度でライトが切れるので交換コストが馬鹿にならないのがネックです。

    ある程度コストが掛かっても、確かな商品が欲しい方はブライトライトME+が一番でしょう。

    管理人のレビュー

    最強の光目覚まし時計ですが、ライト交換が一回6,000円程かかります。光源照度が50,000ルクスあるので、30cm以上離れて設置するならブライトライトME+一択でしょう。

    商品詳細を見る

  3. ブライトアップクロック2(BrightUpClock2)

    価格 4.0
    使用感 4.0
    効果 5.0
    価格:25,999円(税込)
    照度:30,000ルクス

    ブライトライトME+よりスリムなボディ の商品です。照度も30,000ルクスと十二分にありますが、筐体が大きいので30cm以上離れて使う場合の選択肢です。ブライトライトME+と同様にライトの交換も必要なことにも注意が必要です。。

    管理人のレビュー

    価格・スペック共に1位のinti SQUAREと同等です。小さいサイズやライト交換が煩わしいのであればinti SQARE、より照度を求めるのであればブライトアップクロック2がいいでしょう。

    商品詳細を見る

光目覚まし時計とは?

光目覚まし時計はその名の通り光を使って目を覚ましてくれる目覚まし時計です。

日本では最近テレビで話題になることも多くなって徐々に人気が出ています。



しかし、話題になると類似品も増えてどれを選べばいいか全くわからなくなってしまいます。

そこで当サイトではしっかりした性能の光目覚まし時計の見分け方や選ぶときの基準などを紹介します。

 

光目覚まし時計のメリット

光目覚まし時計には音の目覚まし時計にはないメリットがたくさんあります。

  • 体内時計がリセットされる
  • セロトニンとメラトニンの分泌量が増える
  • 起床時の眠気が少ない

 

1. 体内時計がリセットされる

人の1日のリズムを管理している体内時計は、朝日などの強い光を浴びることでリセットされます。


音の目覚ましでは起床後に意図的にカーテンを開けたり外に出たりと、しっかり光を浴びないと起きても体内時計はずれたままに。

結果的に睡眠の質が下がることに繋がり、寝ても疲れが取れないなどの悪影響が出ることもあるのです。


光目覚まし時計では起床時間の30分前から徐々に明るくなり、起床時にはしっかり光を浴びた状態になります。

自然と体内時計がリセットされるので、毎日の生活リズムが整い夜は深く眠れてしっかり疲れをとることができるのが最大のメリットです。

2. セロトニンとメラトニンの分泌量が増える

人の睡眠をコントロールしている大きな要素にセロトニンという脳内物質とメラトニンというホルモンがあります。

セロトニン通称「幸せホルモン」と呼ばれるほど多くの効果がある脳内物質です。

 

人の精神を安定させたり、幸福感をもたらしたりと神経作用が多いのですが、睡眠に関わる部分としては起きている状態を維持する役割もあります。。

このセロトニンは光を浴びることで脳のセロトニン神経といわれる部分が活発に働くことで分泌量が増えるのです。

 

メラトニンは通称「睡眠ホルモン」と呼ばれ、眠気の元になり良質な睡眠をとるために必須のホルモンです。

メラトニンの分泌量が少ないと睡眠も浅くなりがちで、寝たのに脳も体も疲労物質を除去しきれずに「寝たのに眠い」といった症状が現れます。

 

このメラトニンは夕方以降にセロトニンを分解して作られます。

つまり光をしっかり浴びてセロトニンを十分に分泌させないと、材料不足でメラトニンの分泌も減ってしまい夜なかなか眠れなくなったり睡眠の質が大幅に落ちてしまうのです。

3. 起床時の眠気が少ない

人の睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があります。

レム睡眠は夢を見る浅い睡眠で、主に記憶の整理整頓や記憶の定着を行なっています。

 

ノンレム睡眠は脳も休んでいる状態で、日中の活動で溜まる脳の疲労物質「アミロイドβ」を洗い流したりと脳のメンテナンスをしている状態です。

音の目覚まし時計では、この睡眠状態にかかわらず時間になったら大きな音で強制的に眠りを妨害します。目覚まし時計が鳴ったときに脳がノンレム睡眠状態の場合、一気に覚醒状態に移行するのに大きな労力と多少の時間が必要です。

 

その結果、目は開いたけどぼーっとしたり二度寝してしまったりと最悪の寝起きを迎えるはめになるのです。

 

光目覚ましの場合、起床前から光を徐々に強めることで自然な朝を真似ています。

人は眼を閉じていてもまぶたを通過した光を感じ取っていて、光を感じると脳の状態を浅い睡眠から覚醒へと徐々に移行します。そのため光目覚まし時計で目を覚ますと、ほとんどの場合1発でスッキリ起きられぼーっとしたり二度寝するなどの無駄な時間を無くすことができます。

 

このように、人本来の睡眠メカニズムにとっていい状態を作り出すことで、すっきりしゃきっと起きられるのが光目覚まし時計です。

 

睡眠の質が上がると、朝だけではなく仕事も学校も全てのパフォーマンスが大幅に上がります。

 

  • 睡眠の質をあげてすっきり起きたい
  • 仕事や学校の勉強などもっと効率をあげたい
  • 夜すとんと眠りにつきたい

 

こうした悩みの全てが解決できる最高のアイテムです。

 

想像してみてください。昼ごはんを食べ終わった午後一、全然眠気に襲われなかったらどんなにいいか。

想像して見てください。朝サクッと起きて眠気が一切なかったら朝の準備がどんなに早いか。

 

仕事も学業も睡眠ひとつで成果がガラッと変わります。

有名なスポーツ選手からGoogleなど大企業の経営者、政治家など多忙な人ほど睡眠の質にこだわっています。

 

日本では堀江貴文さんなども睡眠は最重要事項であることを話していましたね。

今の睡眠に満足していないのであれば、まず手始めに光目覚まし時計を使ってみてください。マジで世界が変わりますよ!

 

>> 3ヶ月返金保証のインティスクエアで光目覚まし時計を試してみる!